ダイエーがウリ気配スタート、イオンによるTOB価格を意識

 ダイエー<8263.T>は寄り付きウリ気配でスタート。27日、イオン<8267.T>が同社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施して子会社化する方針が複数のメディアで報じられたが、日本経済新聞報道ではTOB価格が1株270円前後との観測を受け、それにサヤ寄せする動きとなっている。現在のダイエーの筆頭株主は丸紅で、29%強(丸紅と丸紅リーテールインベストメントの合計)を保有しているが、このうちの24%をイオンが取得、現在保有株と合わせ、発行済み株式の4割超を保有し、ダイエー再建の主導権をとる。また、これによりイオンの連結売上高は6兆円を上回る水準となり、小売業界の最大手として同業他社を大きく引き離すことになる。イオンは業容拡大への期待から買いが先行している。

ダイエーの株価は9時10分現在285円(▼32円)ウリ気配
イオンの株価は9時10分現在1192円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)