シャープが4日続落、鴻海の出資見送りで財務改善に対する懸念が再燃

 シャープ<6753.T>が4日続落。この日は、26日引け後に、台湾の鴻海精密工業に対する第三者割当増資の払い込みが期限の同日までに行われなかったと発表しており、財務改善が遅れるとの懸念が再燃しているようだ。シャープと鴻海は昨年3月、鴻海がシャープ株の9.9%を1株550円、約670億円で取得することで合意していたが、これが行われなかったことで、計画されていたモバイル機器関連の液晶製造装置の増強・合理化、および液晶ディスプレーの新規技術導入に関する投資についても、一部見直しが迫られることになる。

シャープの株価は9時41分現在283円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)