富士通が5日ぶり反発、ビッグデータ活用し新展開期待

 富士通<6702.T>が5日ぶり反発。同社はローソンなど日本の流通サービス企業が構成する米IT企業向け投資ファンドに出資したと27日付の日本経済新聞が報じており、これが株価を刺激している。ビッグデータ解析などの基盤技術と米ベンチャー企業の先端技術の融合を目指す。また、同社は26日付でビッグデータを活用した先端研究組織の設立に向けてシンガポール科学技術庁と協議を開始すると発表、IT分野での新たな展開は今後の手掛かり材料となりそうだ。

富士通の株価は9時50分現在398円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)