ファンドクリGが急反発、不動産関連物色に乗る

 ファンドクリエーショングループ<3266.OS>が急反発。黒田新日総裁就任による更なる金融緩和期待から新興市場でも不動産関連物色が続くなかで、不動産ファンドの組成・運用受託を主力する同社も株価が90円前後という値頃感から人気を集めている。太陽光発電事業のファンドにも取り組んでおり再生エネルギー関連としての評価もある。

ファンドクリエーショングループの株価は10時32分現在90円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)