盟和産が4日ぶり反発、中国事業の営業利益が今期2期ぶりに黒字転換と報じられる

 盟和産業<7284.T>が4日ぶりに反発。きょう付の日本経済新聞で、13年3月期の中国事業の営業損益が3000万円前後の黒字(前期は7000万円弱の赤字)となり、小幅ながらも2期ぶりに黒字転換すると報じられたことを材料視。記事によると、尖閣問題に伴う日系ブランド車の販売不振の影響を受けたが、今期の中国事業の売上高は前期比約2割増の15億円前後になる見通しのほか、11年1月に操業を始めた沸山市の子会社で原価低減が想定以上に進んでいることなどから利益を確保するとしている。

盟和産の株価は12時52分現在233円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)