兼松日産が反発、「木材利用ポイント」が手掛かり材料に

 兼松日産農林<7961.T>が反発。全般底上げ相場の中で出遅れ物色対象を探す動きが再燃、材料性に富む同社株もその対象となっている。木材・住建と地盤改良を主力としており、4月1日からスタートする「木材利用ポイント」制度では住宅の内装材もポイント付与の対象となっていることから、同社にも追い風材料とみられている。13年3月期は営業利益5.5億円予想と従来比50%超の上方修正。株価200円未満の値ごろ感は短期資金の食指を動かす。

兼松日産の株価は13時10分現在176円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)