<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にタマホーム

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の27日14時現在で、タマホーム<1419.T>が「買い予想数上昇」で1位となっている。

 同社は、きょう東証1部市場に新規上場した銘柄で、注文住宅の建築請負と戸建て・マンション分譲の企画・開発・販売を手掛けており、自由設計・オール電化・豊富な設備仕様「大安心の家」など低価格での住宅を提供しているのが特徴。
 上場初日のこの日は、公開価格980円を73.5%上回る1700円の初値をつけ、その後は1870円まで上昇するなど順調なスタートを切ったといえる。直近で東証1部市場に直接上場した鴻池運輸<9025.T>、ブロードリーフ<3673.T>などの初値上昇率の高さや抜群の知名度から、同社に対する人気も高いものがあり、こうしたことが反映されたといえる。
 新規上場に伴うロックアップ期間は180日で、ただし、発行価格の1.5倍以上での市中売却は可能との条件がついている。また、ベンチャーキャピタルからの出資があるが、ロックアップの対象外となっているものがあることなどの、需給面での注意は必要だが、直近で一建設<3268.OS>が好業績予想を発表したように、住宅関連業界の好環境を考慮すると、買い予想数の上昇も不思議ではないだろう。

タマホームの株価は14時43分現在1632円

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)