武田が新型インフルエンザワクチンの国内製造販売承認を申請

 武田薬品工業<4502.T>は27日取引終了後に、細胞培養技術により製造する新型インフルエンザワクチンの国内製造販売承認を厚生労働省に申請したと発表した。米バクスター社と国内の製造技術独占的使用契約を結び、共同開発を進めてきた新型ワクチンで、2013年度中の承認取得を目指す。すでに製造販売承認を申請しているバクスター社が欧州工場で製造した新型ワクチンと同社の光工場で製造した新型ワクチンが同等であることを確認したことで、承認を申請することになった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)