マックハウスが13年2月期業績の修正を発表 粗利益率向上や経費抑制で37%経常増益へ

マックハウス<7603.OS>が27日引け後に13年2月期連結業績の修正を発表。売上高は前回予想の392億から386億5800万円(前の期比4.4%減)に若干減額したが、経常利益は27億5000万円から29億200万円(同37.4%増)に、最終利益は14億円から24億7000万円(同30.3%増)に増額した。同社はジーンズカジュアル衣料のチェーン。売上高は天候不順により若干減少するが、粗利益率の向上や経費抑制などが経常利益の増加に寄与する。また、税効果会計にかかわる繰延税金資産5億3300万円を計上することにより最終利益は大幅に増加する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)