ミツバが13年3月期業績の上方修正を発表 北米の好調や為替差益発生で51%経常増益へ

ミツバ<7280.T>が27日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の2220億円から2250億円(前期比8.3%増)に、経常利益は70億円から110億円(同51.4%増)に増額し、3%経常減益から一転、5割超の増益見通しとした。国内のエコカー補助金終了に加え、中国の景気減速の影響はあったものの、北米での自動車販売が好調を維持し予想以上の売上高になったことや、急激な為替相場の変動により営業外収益で為替差益の発生が見込まれることが要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)