ODKが13年3月期業績予想を上方修正、ソフトウェア開発の内製化などが貢献

 ODKソリューションズ<3839.OS>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高37億円(前期比5.9%減)はそのままに、営業利益を3億円から4億2000万円(前期比0.2%増)、純利益を2億1000万円から2億6000万円(同11.1%増)にそれぞれ上方修正した。ソフトウェア開発の内製化促進に加えて、退職給付費用が市況の影響から想定を下回ったことなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)