トレファクが3日ぶり反発し新高値、13年2月期営業益14%増で4期連続最高益報道が手掛かり

トレジャー・ファクトリー<3093.T>が3日ぶりに大幅反発し新高根。株価は寄り付き前日比100円高の1300円まで買われ、昨年8月28日につけた1258円の昨年来高値を更新している。28日付の日本経済新聞が「トレジャー・ファクトリーの2013年2月期単独営業利益が前の期比14%増の6億5000万円程度と従来予想の6億1100万円を上回り、4期連続で過去最高益を更新したようだ」と報じた。中古服飾品の専門店を首都圏中心に出店した効果で販売が伸びたことが要因と記事は伝えている。14年2月期も関西地方に進出し販売網を広げることなどから、営業利益は前期比推定比1割増の7億円強になりそうだとしており、収益拡大に期待した買いが先行している。

トレファクの株価は9時31分現在1289円(△89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)