JXホールディングスは反落も底堅さ、海外資源開発に注力

 JXホールディングス<5020.T>は軟調。同社は14年3月期からの3年間で1兆円強を投資し、油田や銅鉱山など、海外での資源開発に重点的に振り向けると28日付の日本経済新聞が報じた。株価は全体地合い悪に流されているが、押し目買いも入り下げ幅は限定的。きょう発表予定の3カ年の次期中期計画に盛り込むと伝えており、主力の石油精製などの収益伸び悩みを、資源開発に足場を広げることで利益拡大を狙う経営戦略は評価余地がありそうだ。

JXHDの株価は9時34分現在537円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)