図書印が続伸、切り口多彩で人気継続

 図書印刷<7913.T>が前日に続き継続的な買いを集めており、低位材料株として切り口多彩で需給相場の兆しをみせている。凸版印刷が51%の株式を保有するが8000万株台の発行株数に対して不動株比率はわずかに17%、信用取組も直近は売り長で信用倍率は1倍を下回る。また、PBRが0.5倍前後とファンダルズ面からのアプローチでも割安感が強い。一株利益は4~5円程度と収益性は低いものの電子書籍への展開に注力するなど、時流テーマに乗る。また、安倍首相肝入りで進めるリフレ政策を背景に土地含み関連株としても人気化素地を持っている。

図書印の株価は11時9分現在215円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)