アサックスが反発し新高値、不動産市況上昇の恩恵大

 アサックス<8772.T>が反発。株価は前日比2万1400円高の17万9000円まで買われ、3月15日につけた16万2000円の昨年来高値を更新している。来週の日銀金融政策決定会合を控え、黒田新総裁による大胆な金融緩和策への期待が引き続き高まっている。そのため余剰資金が不動産市場に流れて、不動産市況の上昇につながるとの見方も強まっている。同社は不動産担保ローンが主力事業であり、調達金利の低下や不動産市況の上昇による事業上の恩恵が大きく、物色人気が波及している。

アサックスの株価は12時36分現在16万9500円(△1万1900円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)