スズキが3日続落、国内生産は7カ月連続減少

 スズキ<7269.T>が3日続落。為替が円高に振れ、日経平均の下げ幅が200円に迫るなど相場全体の地合い軟化に伴い、売り優勢の展開が続いている。信用買い残や日証金融資残が増えるなど、需給悪化も上値を圧迫しており、きょう発表した2月の国内生産実績が前年同月比4.9%減の8万2332台と7カ月連続マイナスになったことも嫌気された。海外生産も2.1%減の18万354台と2カ月ぶりに減少している。

スズキの株価は12時52分現在2108円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)