<後場の注目銘柄>=インフォMT、利用企業増加が業績牽引

 インフォマート<2492.T>は押し目を拾えば妙味は大きい。

 外食産業向けASP受発注システムなどを手掛けているが、足もとではコスト削減に取り組む外食関連産業の利用企業数が順調に増加している。

 同社は月々の使用料を主な収益源とするストック型ビジネスであることから、利用企業の拡大が業績を牽引する仕組みだが、その利用企業数は10年12月期2万2324→11年12月期2万5735→12年12月期3万1479と推移している。

 13年12月期は次世代プラットフォームの構築に関する費用や既存システムの償却費が計上されるが、増収効果でコスト増を吸収し2ケタ増益を見込む。中期的にも成長加速が見込めよう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)