アンジェスMGがストップ高、上げ足の軽さが短期資金を呼び込む

 アンジェスMG<4563.T>がストップ高。虚血性疾患治療剤「コラテジェン」の米国での第Ⅲ相臨床試験でFDA(米国食品医薬品局)とSPA(特別プロトコール査定)で合意したことをきっかけに人気を集めており、日本臓器製薬とNF-κBデコイオリゴによる腰痛疾患を適応症とした国内独占開発販売権について契約を結んだことが支援材料になった。全般手掛かり材料難のなか、上げ足の軽さが短期資金を呼び込んでおり、ここ1カ月で株価は2倍以上に値上がりしているが、買い気に衰えは見られない。

アンジェスの株価は13時54分現在19万600円(△4万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)