<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にスクエニHD

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の28日14時現在で、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>が「売り予想数上昇」で2位となっている。

 引き続き26日に発表した13年3月期連結業績見通しの下方修正が嫌気されている。売上高は前回予想の1500億円から1450億円(前期比13.4%増)に、経常損益65億円の黒字から50億円の赤字(前期は102億9700万円の黒字)に修正。欧米での家庭用ゲーム機向け大型ソフト販売の低迷やアミューズメント機器の不振、さらにソーシャルゲームやオンラインゲームへの転換の遅れが収益悪化の背景にあるとしている。
 これを受けて株価は27日に1000円を割り込み、上場来安値975円をつけるなどし、この日も売りが先行している。一方で、岡三証券が27日付でレーティングを「中立」から「強気」とし、目標株価を1300円に設定するなど見直しの動きも出てきている。今後の株価の動きには注目が必要だ。

スクエニHDの株価は14時35分現在1003円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)