瑞光が反落、年明け以降株価は2.5倍に上昇し利益確定売りが優勢に

 瑞光<6279.OS>が反落、一時前日比410円安の6390円まで下げ幅を広げた。新興国向け紙オムツなど衛生用品の拡大で集計中の前2月期は営業利益56%強の大幅増益の見込み。業績変化率の大きさを手掛かりに大きく水準を切り上げてきたが、21日に昨年来高値7260円をつけ、利益確定売りが優勢になっている。年明け以降株価は2.5倍に上昇していた。

瑞光の株価は15時10分現在6660円(▼140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)