東京エネシスが13年3月期業績の修正を発表 大型工事の進捗や工事量の増加で経常減益幅が縮小

 東京エネシス<1945.T>が28日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の550億円から586億円(前期比3.5%減)に、経常利益は31億円から44億円(同13.8%減)に増額し、39%経常減益から減益幅が縮小する見通し。火力発電所の大型工事の進捗が作業効率の向上により計画以上に進んだことや、緊急工事、計画外の停止工事により工事量が増加したこと、原価管理の徹底により工事採算の改善に努めたこと、経費の削減が寄与する。また、固定資産の減損損失を16億3400万円計上することで最終利益は19億円から13億円(同15.4%増)に減額した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)