29日の株式相場見通し=NYダウ反発を受け反発

 29日の東京株式市場は、日経平均株価が反発する見通しだ。年度末、週末が重なることから、持ち高整理の売りが出やすい一方で、3月期末の株価評価を意識したお化粧買いの可能性を指摘する向きもある。
 28日の米国株式市場は、NYダウが前日比52ドル高の1万4578ドルと反発した。外国為替市場では1ドル=94円台前半での推移となっている。
 日程面では、2月の鉱工業生産指数(速報)、2月の完全失業率・有効求人倍率、2月の全国消費者物価指数、産業競争力会議開催が焦点。海外では、2月の米個人消費支出、聖金曜日の休日で米、英、香港などの株式・債券市場は休場(為替市場は通常取引)に注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)