ユニ・チャームが反発、13年3月期営業益最高報道が手掛かり

ユニ・チャーム<8113.T>が反発。29日付の日本経済新聞が「ユニ・チャームの2013年3月期の連結営業利益は、前期比12%増の580億円程度になりそうで、従来予想を15億円上回り、6期連続で過去最高益を更新する」と報じた。新興国で中間所得層の人口が増える中、インドネシアなどで紙おむつや生理用品の販売が伸びることや、国内でも付加価値の高い製品の売上高比率が伸びることが要因と記事は伝えている。14年3月期も営業利益は2ケタ増になる見通しとしており、収益拡大を手掛かりにした買いが先行している。

ユニ・チャームの株価は9時12分現在5400円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)