兼松日産が人気本格化の兆し、業績好調で商いにも厚み

 兼松日産農林<7961.T>が3日続伸、出来高増勢の中で上値追いを明示しており、低位材料株の面目躍如の場面となってきた。同社が手掛ける木材利用の地盤強化用パイルなどが住宅メーカー向けに伸びている。また、4月1日からスタートする「木材利用ポイント」制度では住宅の内装材もポイント付与の対象となっていることから、市場で思惑材料視されている。13年3月期は営業利益5.5億円予想と従来比50%超の上方修正を発表するなど、業績面でも買いを誘う。

兼松日産の株価は10時28分現在190円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)