大本組が反落、13年3月期経常利益の増額修正も売り先行

大本組<1793.OS>が反落。28日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の704億円から684億円(前期比9.5%減)に減額したが、経常利益は6億円から7億5000万円(前期比23.4%増)に増額した。一部工事の進捗及び着手が計画より遅れたため売上高は予想を下回るが、労務・材料費の上昇で完成工事総利益が減少するものの、非連結子会社からの配当増加が寄与する。また、土地譲渡に伴う固定資産売却益を計上することで最終利益は5億円から9億2000万円(同29.6%増)に増額した。だが、株価は売りが先行する動きにある。

大本組の株価は10時57分現在374円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)