システナが続落、タイ現法設立も自社株取得期間終了で売り先行

 システナ<2317.T>が続落。28日取引終了後にタイに子会社を設立すると発表したことが材料視されたが、自社株取得期間が実質きょうで終了することから売りが先行している。タイ現法設立は周辺アジア諸国を含め、海外進出日系企業向けにモバイルを活用したITサービスの基盤を整備することが狙い。自社株買いは発行済み株式数の5.12%にあたる1万4100株を上限に3月31日まで買付けを予定している。

システナの株価は11時21分現在857円(▼13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)