シャープが6日ぶり反発 サムスン払い込み完了を発表で安心感働く

 シャープ<6753.T>が6日ぶりに反発した。28日引け後に、韓国サムスン電子を割当先とする第三者割当増資に関して、払い込みが完了したと発表したことを受けて、買い安心感が働いているようだ。同社をめぐっては、今月中旬に米クアルコムからの2回目の払い込み延期が伝えられたほか、26日には台湾の鴻海精密工業の出資見送りが正式発表されるなどで財務面への懸念が再燃していたが、今回のサムスン電子からの払い込み完了の発表で、財務体質改善への期待が再び高まっているようだ。

シャープの株価は11時30分現在272円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)