◎29日前場の主要ヘッドライン

・パナソニックが大幅続落、中期計画発表も売りの洗礼
・JXが反発、野心的な中期計画発表が手掛かり
・大日住薬が大幅反発、日本網膜研究所とiPS細胞技術の実用化に向けた連携を発表
・田中化研がS高、住友化学との資本業務提携が刺激
・日商開が急反発、不動産関連の一角として見直し買い
・創通が一時ストップ高、13年8月期は経常減益から一転6%増益見通し
・住江織物が大幅高で新値、近鉄の「しまかぜ」採用で関心
・タカキュー9日続伸、需給相場の色彩一段と
・ユーグレナは連日のストップ高、次世代エネルギー政策が刺激
・油研工が急騰、商い高水準で注目度高まる

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)