【売り】大和証券G本社<8601>3月中旬以降、もみ合い=フェアトレード平山修司

配当権利取りも終了し、利益確定売りが出やすい場面
■注目銘柄
8601 大和証券G本社

■注目理由■
大和証券、大和証券投資信託委託、大和住銀投信投資顧問、大和総研、大和ネクスト銀行などを傘下に持つ持株会社。3月21日に高値692円を付け、ここ数日、株価が下落している(3月29日現在)。チャートでは25日移動平均線をサポートラインとした上昇トレンドが継続中。しかし、配当権利取りが終了し、一端、利食い売りが出やすい場面である。なお、同社の過去の4月における傾向を調べたところ、月初から月末にかけて下落する傾向が見られた。4月はひとまず様子見のスタンスとしたい。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率:40.91%
勝ち数:9回
負け数:13回
引け分け数:1回
------------------------------