三井金が急速人気、三菱UFJモルガンの投資判断引き上げで

 三井金属<5706.T>が商い急増で大きく株価水準を切り上げている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が28日付で目標株価を190円から290円に引き上げると同時に、3段階で真ん中の「ニュートラル」から最上位の「アウトパフォーム」に引き上げたことが観測されており、これが株価の押し上げ要因となった。一方、同社とJXと三井物産の3社共同で全額出資するチリのカセロネス銅鉱山で銅生産が開始されており、年産18万トンの銅産出を予定する「日の丸鉱山」の今後の展開に期待がかかっている。JXホールディングス<5020.T>は28日に発表した16年3月期までの中期計画で3年間で1兆円以上を投資して海外資源開発を進める中、チリの銅鉱山への開発にも注力する方針で、同じ日の丸連合の三井金にも連想買いが働く場面だ。

三井金の株価は13時44分現在236円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)