今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は朝に94.30円の高値をつけた後は軟化し、93.90円台から94.10円台で概ね推移しています。

この後の相場について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/29(金)
21:30 (米) 2月個人所得
21:30 (米) 2月個人支出
21:30 (米) 2月PCEデフレーター
22:55 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値

米国の経済指標発表はありますが、多くの国がイースター休暇入りしており、市場参加者は非常に少ないと見られます。

積極的な取引は手控えられる可能性が高く、この後も変動幅は限られそうです。

ただ、相場が薄いため、比較的大きめの注文が入ることによって、値幅はともかく急激な動きが出てくることはあり得ます。

油断は禁物です。