データHRが13年3月期業績予想を下方修正、首都圏での受注ずれ込みなどが響く

 データホライゾン<3628.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高24億円、経常利益500万円から、売上高18億6000万円(前期比13.4%減)、経常損益1億3000万円の赤字(前期5800万円の黒字)に下方修正した。注力中の国民健康保険向けサービスで首都圏での受注が来期にずれ込んだほか、保険薬局向けシステムの新製品提供の遅れによる影響が想定を上回ったことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)