フレンドリーが13年3月期業績の下方修正を発表 来客数回復せず8000万円の経常赤字へ

フレンドリー<8209.OS>が29日引け後に13年3月期業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の97億7000万円から94億8000万円(前期比5.6%減)に、経常損益は6800万円の黒字から8000万円の赤字(前期は1億5100万円の赤字)に見直した。ファミリーレストランの来店客数が回復せず、計画比3億円の未達となる見込みに加え、広告宣伝費や水光熱費の増加が影響する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)