【売り】東海運 (9380) 円安進行による業績悪化懸念 = フェアトレード 西村 剛

円安進行による業績悪化懸念
■注目銘柄
東海運 (9380)

■注目理由
同社は、アジア船のターミナル業務が柱。同社は、輸入貨物の取り扱い比率が高く、円安の進行によって輸入貨物量の減少による業績悪化が懸念される可能性がある。円安の進行は同社にとって悪材料であり、今後も厳しい状況が継続する可能性があるだろう。過去のデータでは、4月相場での売り勝率は85.7%(勝ち数6回、負け数1回)となった。4月は下がりやすい傾向があると判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:85.71%
平均損益(率):3.78%
平均利益(率):5.32%
平均損失(率):-5.47%
--------------------------------------