コスモスイニシアが4日ぶり反落、13年3月期業績予想の下方修正を嫌気

 コスモスイニシア<8844.OS>が4日ぶりに反落した。3月29日の取引終了後、13年3月期業績予想を従来予想の売上高884億円、営業利益30億円、純利益25億円から、売上高860億円(前期比7.2%減)、営業利益27億円(同45.8%増)、純損益10億円の赤字(前期13億3400万円の黒字)に下方修正したことを嫌気。戸建て住宅の販売が計画を下回ったことが要因としている。また、事業再生計画で事業化中止物件として売却した敷地から地中埋設物などが発見されたことで除去工事費用の一部を負担するのに伴いその負担額15億円を特別損失に計上したことなどが純損益を赤字に転落させた。
 なお、同社では同時に、事業再生ADR債務1008億円を計画通り全額完済するとともに、13年3月31日をもって事業再生計画期間が終了することを発表した。

コスモスイニシアの株価は9時30分現在620円(▼36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)