ダイワボウHD、シキボウが買われる、上海市で鳥インフルに感染した男性2人が死亡

 ダイワボウホールディングス<3107.T>は前週末比9円高の179円まで買い進まれている。また、シキボウ<3109.T>も同8円高の128円まで買われている。両社は、抗ウイルス機能を持つマスクなどを販売しており、インフルエンザ対策関連銘柄として買いを集めているようだ。
 中国国家衛生計画出産委員会は3月31日、上海市で鳥インフルエンザウイルスに感染した男性2人が死亡したと発表した。検出されたウイルスは低病原性の「H7N9型」とされるが、人への感染が確認されたのは初めて。 
 「H7N9型」はA型インフルエンザウイルスの一つで、人から人への感染拡大が心配されている高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」と違い、人に感染し感染症を起こす力は弱いとされる。

ダイワボウHDの株価は9時35分現在176円(△6円)
シキボウの株価は9時35分現在123円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)