日風開がストップ安、監視委が課徴金納付命令と訂正報告書提出を勧告

 日本風力開発<2766.T>が朝方から大量の売りを浴び、前週末比3万円安の8万7300円ストップ安ウリ気配のまま値付かずで推移している。29日取引終了後に証券取引等監視委員会が有価証券報告書に虚偽記載をしたとして、3億9969万円の課徴金納付命令と訂正報告書提出を勧告したことが嫌気された。監視委は風力発電機メーカーとの発電機販売斡旋取引について実態がなかったとして、虚偽記載の訂正を求めているが、会社側は同日付で客観的事実に相反するとして、今後予定されている審判手続きや聴聞で有価証券報告書に誤りがないことを説明、公正かつ客観的な判断を求めると反論している。

日風開の株価は10時30分現在8万7300円(▼3万円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)