DWTIが一時ストップ高、緑内障治療剤のライセンス契約締結で業績予想を修正

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576.OS>が一時ストップ高。3月29日引け後に、同社が創薬した開発品の新規緑内障治療剤「H-1129」の国内における独占的開発権と販売権をわかもと製薬<4512.T>に付与するライセンス契約を締結したと発表したことを好感している。また、これに伴い、13年12月期の業績見通しを従来予想の売上高3000万円、経常損失2億5100万円から、売上高8000万円(前期比28.6%減)、経常損失2億200万円(前期2億5500万円)に上方修正したこともポジティブに評価されている。

DWTIの株価は10時30分現在367円(△75円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)