サンフロンティア不動産が高い、公募実施による出遅れ感で見直し買いも

 サンフロンティア不動産<8934.T>が高い。株価は一時、前週末に比べ1万100円高の13万2900円まで買われた。同社は、3月1日に公募増資を発表。不動産株人気のなか手掛けにくさも出ていたが、19日の受渡日は通過するなどファイナンスは終了していることから見直し買いが流入している様子だ。同社は、4万9000株の公募と上限7000株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施。公募の発行価格は10万7628円で決まっており、公募に応じた投資家からの利食いをこなしながらの上昇となっている。

サンフロンティア不動産の株価は13時32分現在12万9500円(△6700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)