JR西日本は大幅安、UBS証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 JR西日本<9021.T>は大幅安。前週末比280円安の4235円まで売り込まれている。UBS証券が29日付のリポートで投資判断を従来の「バイ」から「ニュートラル」へと引き下げたことが嫌気されている。ただ、目標株価は従来の4200円から4700円に引き上げている。
 リポートでは「3月13日に公表された中期経営計画の内容分析を踏まえ、これ以上の株価上昇を促すドライバーに欠けると判断したもの。景気回復期待など反映して収入予想は増額したが、費用想定も増額したため、利益面では従来予想を若干増額するにとどめた」としている。

JR西日本の株価は14時17分現在4235円(▼280円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)