キリン堂が本決算を発表、14年2月期は連続2ケタ増益見込み

 キリン堂<2660.T>がこの日の取引終了後に本決算を発表しており、13年2月期連結決算は売上高1017億6100万円(前の期比0.5%減)、経常利益22億4200万円(同14.4%増)となった。上期における前年の震災特需の反動や春先の花粉飛散量の減少の影響などを受けて減収となったが、粗利率の改善とコストコントロールに注力した結果、増益を確保した。
 続く14年2月期は売上高1049億円(前期比3.1%増)、経常利益25億9000万円(同15.5%増)と連続2ケタ増益を見込む。既存店の活性化や調剤事業の拡大に注力するほか、関西地域における小商圏フォーマットでのドミナント深耕を図るため同地域へ11店舗の出店を計画している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)