東レが食品等包装用フィルム生産をアジアで相次いで増強

 東レ<3402.T>は1日、食品等包装用フィルムの蒸着加工設備をアジア地域で相次いで増強すると発表した。国内は10月の稼働を目指して福島工場に包装用ポリプロピレンフィルムの新鋭蒸着機(月産580トン)を導入する一方、海外はマレーシアに月産375トンの新鋭蒸着機を導入、包装用蒸着ポリエステルフィルムの生産を2014年4月に立ち上げる。既にタイでは12年10月に蒸着用無延伸ポリプロピレンフィルムを増設しており、総投資額は約30億円。シェア拡大による収益力アップを図る。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)