デジハーツが急反発、「サイバーセキュリティサービス」が刺激

 デジタルハーツ<3620.T>が急反発。1日大引け後に悪質なサイバー攻撃から情報資産を守る「サイバーセキュリティサービス」を開始することを発表したことが好感されている。インターネット分野において最先端の研究者である奈良先端科学技術大学院大学の櫨山寛章助教と東京大学の関谷勇司准教授や同大学の宮本大輔助教とサイバーセキュリティに関する協同研究体制を構築し、そのノウハウを同社のエキスパート人材と融合してサイバーセキュリティチームを設置するもの。これにより、悪質なサイバー攻撃から情報資産を守る「セキュリティデバッガー」の専門集団を結成し、高度な「サイバーセキュリティサービス」の提供が可能となる。米国や韓国を含めて国内外で悪質なサイバーテロが多発していることから、大学の著名研究者との共同展開への期待は高い。

デジハーツの株価は9時44分現在869円(△83円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)