良品計画が反発、「マルチサイトSGS―HACCP認証」取得と今期予想に関心

 良品計画<7453.T>が反発。2日付で、カフェ・ミール事業部と、同事業部が運営する「Meal MUJI」など国内の飲食店舗14店が、食品安全管理の国際的管理システムであるHACCPの「マルチサイト SGS―HACCP認証」を取得したことを発表したことが好感されている。HACCPは食によるリスクを最小限に抑えるための食品安全管理システムで世界的には食品・飲料加工業者をはじめ多くの飲食店チェーンなどで導入されている。今回、同社では、このHACCPの管理システムを用いた食品衛生管理の標準化を推進し、関係者全員がHACCP認証試験に合格したことで国内の一般飲食業としては初の認証取得となっている。
 また4月11日には前2013年2月通期決算発表を予定、連結営業利益で194億円(前々期比25.7%増)となった模様だが、今期見通しへの期待も高い。

良品計画の株価は10時26分現在7280円(△140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)