PBITSが4日続落、決算通過で材料出尽くし感強まる

 パイプドビッツ<3831.T>が4日続落。1日引け後に発表した本決算で、13年2月期業績が売上高22億3500万円(前の期比25.0%増)、経常利益3億2400万円(同43.3%増)と大幅増益を達成したものの、全体相場の軟化に加えて、決算発表通過で材料出尽くしとの見方が強く、売り先行の展開となっている。クラウド型情報管理ソフトや政治・選挙プラットフォームなどの情報資産プラットフォーム事業が順当に売り上げを伸ばしたほか、インターネット広告の代理販売や制作などを行うメディアストラテジー事業も好調に推移し業績を伸ばした。なお、14年2月期は、この期から連結ベースとなるため前期比較はないが、売上高30億円、経常利益7億円と13年2月期の単独決算に比べて大幅な増益を見込んでいる。

PBITSの株価は13時現在1900円(▼89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)