安川電が朝安のあと切り返す、SMBC日興では投資判断を引き上げ

 安川電機<6506.T>は全体相場の軟化につれて冴えない展開となっているが、下値には買いが入り底堅い動きとなっている。この日はSMBC日興証券が1日付で投資評価を「3」から「2」とし、目標株価を470円から760円に引き上げたことが観測されている。中国や半導体関連分野は依然として伸び悩み傾向にあるものの、再生可能エネルギー固定価格買取制度導入に伴う太陽電池用途のパワーコンディショナーの急拡大で、14年3月期の営業利益予想を160億円から210億円に上方修正したことなどが要因。

安川電の株価は13時52分現在918円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)