プリマハムが切り返す、業績増額含みでTPP関連としても思惑

 プリマハム<2281.T>が切り返しに転じた。25日移動平均線上で踏みとどまり上値指向を堅持、持ち前の材料性が生きる場面だ。13年3月期の連結経常利益は前期比4%減の72億円見通しだが、コンビニ向け総菜やソーセージなどの食肉加工品が好調なほか、生産ライン見直しなどの合理化も寄与しており上方修正される可能性が高い。また、安倍首相によるTPP交渉参加表明で、将来的に食肉原料の関税引き下げによる原料安メリットへの思惑が同社にとって追い風となる。

プリマハムの株価は14時12分現在214円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)