JR3社が高い、公共性に加え不動産関連株の側面も

 JR3社が高い。JR東日本<9020.T>は一時、前日比220円高の7490円まで買われたほかJR西日本<9021.T>やJR東海<9022.T>も上昇した。相場全般が軟調となるなか、ディフェンシブ株物色の流れで公共性のあるJR株が買われているようだ。また、JR各社はターミナル駅の大規模開発などに伴う収益が期待でき、不動産関連株物色にも乗っている。JR東日本の場合、3月21日高値8060円から1日の安値7260円まで約10%調整しており出直り期待も高まっている。

JR東日本の株価は14時32分現在7420円(△150円)
JR西日本の株価は14時33分現在4260円(△70円)
JR東海の株価は14時33分現在9440円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)