日電産の下げきつい、需給整理が進まず手じまい売りかさむ

 日本電産<6594.OS>が続落、一時前日比250円安の5220円まで売り込まれた。海外売り上げ比率が74%と高く、為替が円高に振れていることが嫌気されており、需給整理が進まず手じまい売りがかさんだ。構造改革効果で業績は底打ち感が強まっているが、主力のHDD用精密小型モータの不振が続いていることへの警戒感も下げをきつくしている。

日電産の株価は15時10分現在5330円(▼140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)