ケネディクスはストップ高、不動産関連の見直し買いで再度人気化

 ケネディクス<4321.T>が大商いでストップ高。不動産関連株に見直し買いが入るなか、個人投資家などからの買いが集まった。売買代金も東証1部でトップ。朝方には一時、3950円安の4万3550円まで値を下げたが、下値には買い物が入り、株価は5万4500円と再度新高値に買われた。

ケネディクスの株価は15時現在5万4500円(△7000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)